006_edited.jpg

Home > よくある質問(よくある質問 / 先輩社員の声 

Interview

よくある質問

札幌電工③.png
 

先輩社員の声

staff3.png

鷹架 僚太 
令和2年入社

札幌本社勤務

鷹架僚太_edited.jpg

私は工業高校の機械科を卒業して入社2年目です。

初めは電気の知識が無いので不安ばかりでしたが、先輩社員に一から教わり、自分でもできることが段々と増えてきました。

最近は、自分が工事に関わった電柱を見ると達成感と共にやりがいのある仕事と感じています。今年1月に第一種電気工事士試験に合格したのでその知識を現場で活かせるように今も勉強中です。

少しでも早く一人前の戦力になれるように、日々の細かなことから確実に覚えていき立派な電気工事士になりたいと思います。

sapporodennko_鷹架.jpg

中川 拓也
平成22年入社
室蘭営業所勤務

私は高校卒業後、札幌本社で10年を経て2年前より室蘭営業所で勤務しています。

室蘭営業所は総勢20名弱の規模で、胆振管内を中心に電柱の建替工事及びメンテナンス作業を行っています。札幌で生まれ育ったので室蘭に転勤当初は戸惑いましたが、少人数でお互いを分かり合え、アットホームな雰囲気ですぐに慣れました。

私が思う仕事のやりがいは、自分の作業した電柱や配電線が形に残るところです。

皆さんが見えるところに自分の仕事がずっと残るので、今でも現場を通るたびに「あそこはこうすればよかったかな」「ここは何日もかかって苦労したんだよな」等、自分の作品を見ているような気持にさせられてしまいます。私たちと一緒に働けば、今まで見えていた電柱や電線の見え方がきっと大きく変わってくると思います。

中川拓也 室蘭営業所.jpg
sapporodennko_nakagawa.jpg
sapporodennko_山本_edited_edited.jpg

山本 隆博
平成14年入社
札幌本社勤務

私は、入社以来19年間工事部に所属しており、現在は架線班の副班長をしております。

架線班の仕事は主に電柱に張られている電線や機器の取替等、電柱全般の新設・撤去、及びメンテナンス業務です。

常に感電や墜落などの危険と隣り合わせですが、新入社員導入教育から始まり様々な安全教育があり、電気の基礎知識や基本動作をすべて学んでいきます。

私は今回、1ヶ月間に渡り新入社員導入教育の指導員をさせていただきましたが、新入生の日々の成長は著しく、自分自身も改めて基本の大切さを再認識しました。

経験や知識がなくても本当に大丈夫です。ホームページをご覧になり、少しでも気になった方は、ぜひ一度会社見学に来ていただきたいと思います。

山本隆博のコピー.jpg
sapporodennko_加藤_edited_edited.jpg

加藤 哲史
平成8年入社
札幌本社 班長

班長職の仕事は、班員が常にルールを正しく守りながら、安全で効率よく仕事が進めるようにチームを管理運営する事です。現在、私の班は40代から10代の新入社員までの計5名です。40代の中堅が技術指導しながら20代の社員が新入社員をサポートする体制で、現場の行き帰りも一緒なので自然とチームワークも生まれ、活気があります。

電気というライフラインを扱う仕事は、我々電気工事士にしか出来ない作業が沢山あり、常に必要とされ、やり甲斐のある社会貢献度の高い仕事です。又、難しい工事が完成した時は、チームで協力して作り上げた時に感じる達成感や、自分が若い頃に手掛けた現場が、10年後20年後でも残っていると嬉しい気持ちになります。体力に自信のある方、モノづくりが面白いと思っている方は、私たちがどんな仕事をしているのか見に来てください。そして、我々と一緒に社会貢献をしていきましょう。

加藤哲史のコピー.jpg